ohaka01814

お墓を継ぐことを「承継(しょうけい)」と言います。
お墓は、古くから、親から子へそして孫へ、代々、承継されていくものでした。
しかしながら、近年、さまざまな原因で、「お墓じまい」されている方が増えているとの事です。

お墓じまいとは?

お墓じまいとは、

「管理ができなくなった、もしくは管理が難しいお墓を撤去して、
 中のご遺骨を取り出し、新しいお墓に移すこと」

です。
「お墓じまい」という言葉が使われだしたのはほんのごく最近のことで、以前は、
「改葬(かいそう)」という言葉で呼ばれていました。

一番多い改葬先

IMG_0706

「お骨仏」

お骨仏であれば、1~3万円と格安で永代供養していただけます。

お墓じまい・改葬・お墓の引越しの手順・手続き

  1. 新規墓地の確保
    まず、新しい墓地を確保し、受入先から「受入証明書(=永代使用許可証)」を発行してもらいます。
  2. 既存墓地の手続き
    既存墓地の管理者に、「埋葬証明書(=納骨証明書)」を発行してもらいます。
  3. 市区町村へ申請
    既存墓地のある市区町村に「改葬」の申請を行います。「改葬許可申請書」に必要事項を記入し「受入証明書(=永代使用許可証)」「埋葬証明書(=納骨証明書)」と一緒に提出して「改葬許可証」を発行してもらいます。
    発行されるまで数日はみておきましょう。※発行料金がかかる場合があります。
  4. 既存墓地から移動
    既存墓地に「改葬許可証」を提示してお墓から遺骨を取り出します。遺骨を取り出す際にカロートのフタを動かさなければならない場合は、石材店に依頼します。
  5. 新規墓地への改葬
    「改葬許可証」を提出して、改葬を行います。
  6. 既存墓地の整備
    既存墓地を返却する際には、墓所を購入した時の状態、つまり更地に戻すことが必要です。
    魂抜き法要や墓石の撤去費用など、既存の墓地の処理にかかる費用は、お寺や石材店に問い合わせてください。

お墓じまいをする理由

「終活(しゅうかつ)」ブームなどもあり、最近では、
「自分達の元気なうちにお墓問題を解決しておこう」
と考える方が増えてきたように思います。
今あるお墓について、haka1

  • 跡継ぎがいない
  • お墓が田舎にあり通えない
  • 子供へ負担をかけたくない
  • 金銭的な理由で維持管理ができない
  • 高齢でお墓参りができない

こんなお悩みのある方が、その解決法として、別の永代供養墓に移したり、
お墓が必要ない散骨・樹木葬・骨仏(こつぼとけ)などの承継者のいらない
ご供養方法を選ばれるケースが増えてきました。

お墓じまいしたあと

大事なこと

色々な理由でお墓じまいした後、mitsuo
もっとも大切なことは、
お墓の中にあるご先祖さまを

 

「無縁にするのではなく、有縁にする」

ことだと思います。

お墓を承継する人がいようがいまいが、
ご先祖との「ご縁」、そこに集う方たちの「ご縁」をつないでいくために、
手を合わせてお参りすることができるのであれば、
ご先祖と自分、そして自分の家族を「無縁にする」ことが避けられると思います。

お墓じまいしたあとの供養

送骨について

送骨について、賛否両論がございますが、送骨自体が問題ではなく

その後、どのようにご供養されるのか?

安ければいいというものではなく、今後、ここならば任せて後日お参りできるという

近くのお寺が良いと考えます。

東京 お墓じまいを受け入れてくれる有名なお寺

東京の方は、テレビでも紹介された、大田区の本寿院

2016-02-17-10-03-26

テレビでも紹介されている有名なお寺