お寺ネット

宗教学・人生・仏事の無料相談室。全国の先祖・水子供養・人形供養のお寺

アーカイブ: ひとこと法話

23 呼吸

筆者のお勤めしているお寺に供養に来られる方には、法要開始時間を待つ間、 般若心経の写経を体験していただいております。 ほとんどの方が写経は始めてということもあり、最初はどう書いていいのか戸惑うのですが、 それでも、時間が […]

22 師走

今年も残りわずかとなりました。月日の経つのは本当に早いものです。 お正月は故郷に帰省され新年を迎える方も多いことでしょうね。 初詣も楽しみな事でしょう。 故郷のお墓、お仏壇に元気なお姿を報告されることもお薦めいたします。 […]

21 回向その2 (えこう)

先日の回向(えこう)について「ちょっとわかりにくい」というご指摘を受けました。 今一度お話させて頂きますと、お経のお勤めの締めくくりに 「○○家先祖代々諸精霊に回向す」 と願文を唱えます。 現在このように仏の教えを守り代 […]

20 自愛(じあい)

「時節柄、ご自愛下さいますよう」 書簡の結語に一言添えますと思いやりが伺えて嬉しく思いますね。 今ここにある身体は、本当に自分のものでしょうか? と申しますのは、この身体は「借り物」ではないかと思うのです。 この世にある […]

19 回向 (えこう)

読経供養のあとに回向と申しまして、締めくくりのお唱え文を読みます。 「回し向ける」 お経の功徳によって受けた教えや実行することの功徳を、 次に周りのすべての方にも分けてあげて下さい という願いであります。 このことは、遥 […]

18 大切な人

この「ひとこと法話」の「15 一期一会」のお話を読まれた身近な方に質問をされました。 「大切な人は誰ですか?」それは「好きな人」「特別な人」という意味でしょうか? 悪気はなく、聞いてみたかったのでしょう。しかしながら、こ […]

17 あるがままを受け止める

ある日の家庭のこと・・・。 子供がはしゃいでいて、父親の大事にしていた壷を割ってしまいました。 母親は子供を叩き大いに叱り付けました。子供は泣きじゃくるばかり・・・。 父親が帰宅し、そのできごとを伝えると、父親は一言答え […]

16 人間っていいな

ひと昔前包装していた「まんが日本昔ばなし」というTV番組が好きでした。 怖い話もありましたが、そこから自然の大切さや敬う気持ちが伝わる番組でした。 エンディング曲も覚えやすく、「にんげんっていいな」というタイトルでしたね […]

15 一期一会

「一期一会」もちろん「出会いを大切にしましょう」ということはすでにご存知かと思います。 人が生まれてから死ぬまでの間、たった一度きりの出会い、出来事であること。 しかしながら、もっと深い意味があると思うのです。もう少し掘 […]

14 人様(ひとさま)

時代劇で「お天道様に申し訳ない」というセリフを聞きました。 そこで思い出したのですが、 「人様に迷惑かけたらいけないよ」「人様のものとっちゃいけません」 幼少の頃、よく母に言い聞かせられたものでした。つい忘れていた教えで […]

13 気づき

元から有る気が「元気」と以前お話しましたが、「気」というのはいろんな気がありますね。 「病気」病は気からとも申します。「気分」「嫌気」「気力」「殺気」「天気」「換気」「気持ち」 朝「いってらっしゃい 気をつけてね」これな […]

12 恩(おん)

今、振り返ってみますと、なんと多くの恩に支えられて生き、生かされてきたことか・・・。 振り返るまでもなく、現在もこうして多くの恩を受けながら、今を生きております。 仏教では恩について「四恩報謝」(シオンホウシャ)という教 […]

11 友達

「知り合いなら沢山いるんですけれど、友達を作るのは難しい」と相談されました。 そのとき、「友達の定義ってなんだろう」と考えてみました。 「価値観が共通していること」「同じ景色をみて同じように共感してその時が楽しいこと」 […]

10 自由

空を飛ぶ鳥を見て「あの鳥のように空をとべたら」とか「鳥は自由でいいな」 皆さんもそう思われたことはあると思います。 私達はなんて様々な制約に縛られ、自由がない生活をしていることでしょうか。 私達が自らつくった秩序やルール […]

9 無心(むしん)

先日の「無(む)」に続き、本日は「無心(むしん)」であります。 坐禅を体験された方も多いことでしょう。 そのとき、 『「無心」にならなければ・・・』とか、 『無我の境地に至るのが坐禅である・・・』とか、 無理したことはな […]

8 無(む)

大変なテーマを予告してしまいました・・・。 本日のテーマは「無」ですが、あまりにも大きなテーマで一言では語りつくせません。 ひとこと法話としましては、なるべく簡素に短く、身近なところで感じる「無」について、 少しのお時間 […]

7 安心(あんしん)

「安心(あんしん)」 読んで字のごとく、心が安らぐことですね。 安らぎの心になること、反対語は「心配」です。 安心とは「心配のない心」ですが、人は生きとし生ける間、ずっと心配がつきまといます。 「不安」「心配」ばかり、ど […]

6 元気

「お元気そうでなによりです」 「はい。おかげさまで」 このような会話をよく耳にしますね。元気とは笑顔の源でもあります。 元気とは、誰でも元から備わってる「気」で、減ったり増えたりもします。 朝、目が覚めて窓を開ける。太陽 […]

5 おかげさま

「お元気でしたか?」 「はい、おかげさまで、元気にやっております」 このように日常会話の中の挨拶としてもよく聞く言葉です。 これまで本当に多くの方の恩恵により育てていただき、ありがたいものです。 関わりのあった先生や先輩 […]

4 感謝

感謝する心が「ありがとう」の言葉として伝えたり、お礼の心になる。 感じて謝ると書きますが、なにを謝るのでしょう。 なにかあるとすぐ「すみません」という言葉がでますね。 これも感謝の表れでしょう。 語源は「澄みません」と書 […]