広々とした温泉に行ってきました。やはり心も身体もリフレッシュしますね。
「はぁ~極楽極楽♪」 となりのご老人がつぶやきます・・・。行ったことあるのでしょうか・・・。
それほど良いところに、いずれは行けるのですから、今が辛くとも我慢するとしましょう。

 

「手をあわせる」

手を合わすれば 憎む心もとけてゆき
離れた心も結ばれる
まるいおむすび まるいもち
両手合わせて作ったものは
ひとの心をまるくする
両手合わせて拝んでゆこう

手を合わすれば 重い心も軽くなり
濁った心も澄んでくる
生かされ生きて花薫る
楽しい世界にしてゆこう
二度とこないこの人生を

 

坂村真民(さかむらしんみん)さんの詩です。
真民さんの詩集は寝る前の愛読書になっております。
心が静かになり良く眠れるような気がします。
今日も一日生かされ生きたことを感謝し目を閉じる。
一日の終わりに「生きてゆく」ことへの再確認の時です。

真民さんからのメッセージ ありがとう。

ありがとうございました。