つちぼとけのお寺・円宗院(えんしゅういん)

水子供養をされた方の手紙

皆様からの声水子供養お礼の手紙

水子供養をされた皆様からお礼状ご意見を頂戴致しております。

たくさんの温かいお言葉ありがとうございます。

寄せられたお手紙の中から一部ご紹介させていただきます。

*東京 本寿院(関係寺院)と同じ内容の場合がございます。

 

 都道府県:東京都

12/22に水子供養をして頂きました。
良い戒名も授けて下さり、誠にありがとうございました。
大変な事をしてしまったと、改めて生まれることのなかった命に対し、罪の意識を感じる一方、住職さんのおっしゃった「親が幸せでいることが子供の幸せ」と言う言葉が心に響きました。
忘れることの出来ない事ですが、自分達も幸せになる努力を怠らないようにします。
また命日に参拝したいと思います。ありがとうございました。

 都道府県:千葉県

この度は本当にありがとうございました。
3ヶ月という節目を向かえやっと供養してあげる事が出来て我が子も喜んでいる事と思います。
生まれてこれなかった子どもの事や自分の事について色々考えると読経中は涙が止まりませんでしたが、「くよくよせずに明るく生きましょうね」という優しいお言葉に救われ、新たな気持ちで日々過ごしております。
いただいた戒名が、亡くなった祖母の名前と殆んど同じで不思議な運命を感じました。
またそちらへ参拝しに参ります。ありがとうございました。

 都道府県:東京都

ホームページで貴院を知り、まずは「つちぼとけ」をメールで依頼しました。
温かい返信のあと、すぐにかわいらしいお地蔵様が届きました。ラオス小学校募金のお考えにも共鳴いたしましたので、供養の予約をTelさせて頂いたところ、温かいご対応で、何よりも安心致しました。供養当日も、読経料以上の手厚い葬送の儀に、感動いたしました。
気持ちの整理がつき、おかげ様で前に一歩進めそうです。
本当にありがとうございました。

 都道府県:ーーー

いつも心のこもった供養をして頂きありがとうございます。後悔の日々ですが、お参りをする事で少しずつ立ち直ることができました。
おかげさまでこの度、新しい命を授かりました。出産予定日は、4年前に産んであげられなかった子と同じ日で、戻ってきてくれたのかなと不思議な縁を感じずにはいられません。元気な子に産まれてきて欲しいと願っています。
亡くなった赤ちゃんたちが、いつも安らかでいられますように。

 都道府県:東京都

無事に供養が出来、ありがとうございました。
赤ちゃんが亡くなって悲しいですが、きっと天国で私達を見てくれていると信じて、そしてこれからもずっと一緒に胸の中で生きていってくれると思います。

 都道府県:東京都

ずっと気になっていた御供養にようやく行けました。
不安や迷いもありましたが、HPの案内も親切でしたし、丁寧に御供養して頂けて、行って良かったと思っています。15年もの長い間、心の片隅でずっと気にしていながら行動できずにいましたが、一歩前に進む事ができました。
今後とも、よろしくお願い致します。ありがとうございました。

 都道府県:埼玉県

年に一度しか行けないですが、お参りに行くと毎年気持ちが安らぎます。
これからもよろしくお願いします。

 都道府県:ーーー

先日は我が子の供養をして頂き誠にありがとうございました。
それまでは、このことが四中頭から離れず思い悩んでいましたが、御住職様からのお話しも大変有難く、前向きな考えにシフトすることができてきています。
ご教授頂いた今後の自分自身の在り方についても素直に受け入れ頑張っていきたいと思います。
どうも有りがとうございました。
年が変わりますので授かりました御念珠お返し致します。
新念珠希望に印致しました。どうぞ宜しくお願い致します。

 都道府県:神奈川県

流産をして、我が子をこの世に産んであげる事が出来なかった罪悪感でいっぱいでしたが、住職様のお話を伺ってとても救われた思いがしました。そちらで水子供養をして頂いてよかったです。
本当にありがとうございました。

 都道府県:兵庫県

先日は水子供養をして頂きまして有難うございました。
おじいさん、おばあさんが順番に死ぬお話をして頂きまして、私も娘を亡くしてますので胸が熱くなりました。生かされている1日を大切にと改めて感じました。
そして観音様のお話でやさしい心を頂きました。いい御縁を頂いた事に感謝いたします。
有難うございました。

 都道府県:千葉県

この度は水子供養をしていただきありがとうございました。
なるべく近くで直接来院して水子供養をしていただけるところを探していたところ、HPで本寿院様を知り、とても温かい心で供養が出来そうだと思いました。
来院した際に初めて般若心経の写経を行いました所、とても心が落ち着きました。
それ以来、家でも写経をするようになりました。良い習慣が出来ました。
ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

 都道府県:神奈川県

私達の身勝手で、この世の光を見せてあげられなかった子。
「離れたくない」、反面「何もしてあげられない」と悩んでおりました。
御供養をしてもらえる。会いたい時に会いに行ける。
良い環境を整えて下さっている本寿院様に感謝しております。
今後とも何卒よろしくお願い致します。

 都道府県:ーーー

平成26年1月15日に初めて水子供養をさせて頂いた者です。
その際、たまたま僧侶様が受付から供養までして下さいました。
供養希望者がたまたま私一人だった事もあり、一対一でとても丁寧に対応して下さったのではと、とても感謝しております。 人間味のある素敵な僧侶様でした。
本当にありがとうございました。

  お寺へのご意見や質問などございましたら、掲示板までお寄せください。

 お寺の掲示板   『 全体の掲示板 』

 ご質問・ご意見・お礼状などお寄せください。

 赤ちゃんへの手紙   『 赤ちゃんへのお手紙 』

 わが子へ届ける手紙には、お礼をお書きになる方が  
 多くおられます。

著書「愛ーもし生まれていたら」より体験談・お礼状

aihon  海外でも翻訳され出版

実際に寄せられた、水子供養をしてしあわせをつかんだ数々の体験例をご紹介いたします。
(三浦道明大僧正著書「愛もし生まれていたら」より抜粋)

これから、紹介する数々のお礼状は全国から届いた数千通のお礼状の中から選んだものです。

なを、水子供養という特殊性からこのお手紙のご紹介については、ご本人の承諾を得たもの以外は、
将来誤解を招かないためにも、一部文言を変えて書かせていただきました。その点、お含み下さい。

1:急速に夫婦仲がよくなった(神戸市・松永和枝)

先生、去年の切羽詰った時に、おすがりして助けて頂いた松永和枝で御座居ます。
平和な家庭に亀裂が入り、夫婦の間柄も他人のようなことになり、切羽詰って御相談を申し上げたところ、御指導を頂き、水子供養の大切さをお教え頂き、早速、申し込みをし、御供養をして頂きましたが、その後、不思議なことが次々と起こりました。
昨年の暮れまでは、鼻づまりで夜はいびきをかき、呼吸困難な状態でしたのに正月元旦、私の里に帰って夜眠った時には、本当に嘘としか言えない症状に治り、本当にお助けを頂きました。
耳鼻科、眼科と通っておりましたが、仏様を信じて、心を新たにして出なおすため、里から帰ってからというものは、お教え頂いた通り努めて笑顔を持ち統けております。 また、主人も腰が痛いとか、肩が痛いとかよく言っておりましたが、今年からは、不思議に、そのような愚痴をこぼさなくなり、健康を回復いたしました。
また、そればかりではありません。
今まで、他人のような間柄であった夫婦の仲が、急速に昔のように戻り、今まで不仲であったのが夢みたいなような気持ちです。
これも、水子供養をお願いしてからのことで、本当に仏様のお力と供養の大切さをこの身で感じております。
結婚当初とは、また違った新鮮さを感ずるようになり、これからは、これを二人共、持ち続けたいと思っています。
心からお礼を申し上げ、益々の御発展を御祈念数します。

2:遠のいていた彼女の愛が戻ってきた(東京都・麻谷育男)

緑のすがすがしい季節となりました。
昨年の暮れ、彼女が身ごもったと聞き、お互い結婚もしていないし、若いということから子供を中絶しました。それ以後というものは、お互いの心にひびが入ったようで、彼女の心も、遠のいて行くのが感じられました。
ところが、水子供養の大切さを二人で見た新聞の広告で知り、早速にお供養申し込みをさせて頂きましたが、その後、冷えかけていた2人の仲が急速に元通りになり、この六月末には、晴れて結婚することになりました。
中絶をすることについては、男として無理じいをしたのではなく、彼女も充分理解の上のことでしたが、今から思えば、心の傷になっていたのでしょう。
ところが、お供養してからというものは、落ち着きを取り戻し、二人の愛情もそれと共に昔通りになり、二人して所帯を持てるということになりました。
本当に水子供養ということは大切なことだと思いました。
一言、お礼が申しあげたくて、手紙を書かさせて頂きました。いずれ、結婚式を挙げましたら、お参りしたいと思っています。その節は、何卒よろしくお願いいたします。
そして今度こそは、晴れて堂々と二人の愛の結晶を作りたいと思っております。
そして大切にしたいと思っております。有難う御座居ます。

3:見違えるように健康を回復できた(千葉市・斎藤文子)

一筆、お礼を申し上げます。
おかげ様にて、水子の霊、幼児の霊、仏様のお膝元で悲しみも苦しみもない日夜を送っていることと思う時、本当にうれしくて、うれしくて、有難く、涙に噎びつつこの手紙を書いております。
本当に有難う御座居ます。
私は二十年前に離婚をし、結婚前に看護婦の勉強をしておりました関係で、今は派遣看護婦をしております,
ところが病気ばかりしており、困ってていたのですが、今年水子供養の御祈願をお願いしてから、お腹の具合や腰の具合がとても良くなり、いつもお腹が冷たい感じがしていたのですが、最近では暖かく感じ、うれしゅう御座居ます。
私はよく働きますが、病気をして、そのお金が無になるまで寝かされる様です。業の深い女ですね。
私の兄、父、妹、甥は、癌で亡くなっておりますが、私は不思議とおかげで癌にもならず、元気になんとか働いておりますので、感謝の毎日で御座居ます。
以前五ヵ月も入院しておりましたが、今ではその痛みや苦しみが七分通り失くなり、本当に体が楽になりました。
これも仏様のおかげと確信しております。自分の勝手な事のみ書き連ねましたが、お許し下さいませ。
まずはお礼旁、この喜びをお伝え致します。

4:今まで両討・両膝などが度々引きつって困っていた(東京都・平山さち)

前略、有難き御法話入りのテープが発売されていると聞き、お分かち願うようお願い数しましたところ、早速お送り頂きまして有難う御座居ました。厚く、御礼申し上げます。
私事、去る一月二十八日に、結構なる御利益を頂きました娘、坂上とし子に誘われて、初めて御参りさせて頂きました。
今まで両肘・両膝などが度々引きつって困っておりましたが、誠に結構なる御祈願を頂き後、肘・膝の引きつりがすっかり治りまして、本当にうれしく喜んでいます。
これも水子供養をして頂いたおかげと、厚く御礼を申し上げます。
お不動様を一心に拝み、般若心経を毎日訓読致しております。今後共、共に結構なる御利益を頂けますよう、伏してお願い申し上げます。

5:家族の者が明るく、毎日元気で仕事ができるようになりました(滋賀県・富田和夫)

前略、御免下さい。
毎日寒いことで御座居ます。先日は水子の御位牌ができ上がり、戒名もお知らせ頂き御供養下された由、誠に有難く、厚く御礼申し上げます。
御奉前にお参りさせて頂きましてから、家族の者が明るく、毎日元気で仕事ができるようになり、私自身も毎日愚図愚図いっていた体がすきっとして、見違えるように健康を回復しました。誠に不思議な御縁に、唯々、感謝するのみです。
近い内に、ぜひまた一度お参りさせていただきます。
早速にお礼の手紙と思いながら、遠因致しまして申し訳ございません。
今後ともよろしく、ご供養祈念お願いいたします。

6:思わしくなかった商売が繁盛しだした(枚方市・梅田秀男)

寒い毎日が続きます。 皆々様には、益々お元気なことと存じます。
今年のお正月は、昨年のお正月と比べて、本当に心休まる充実した感じがしております。昨年は、何をやってもうまく行かず、やっと良くなったと思ったら人にだまされるやら、商売の仲びも悪く、本当に毎日毎日が苦悩の連続でした。
わらをもつかむ思いで、あちこちの本を読んだり、いろいろな宗教団体に入ったりしましたが、忘れもしません3月の決算期まぎわの午後、最寄りの喫茶店で水子供養の広告を見つけ、思い当たる節があまりにも多いために、早速、申し込みをさせて頂きました。
それ以後というものは、偶然とは思えないような良い取り引きの話が舞い込んで来たり、思わぬ大口の需要があったり、とんとん拍子に、商売の業績が仲びてまいりました。今まで、足掻いていた自分が不思議な位で、去年の暮れは、家族一同が本当に笑顔で年を越せることができました,
今まで、親の勝手な意志で、闇に葬ってしまった水子というものに気がつきませんでしたが、そのお供養をすることによって、多分安心したのでしょう。また、われわれ夫婦にとっては、お供養することによって、明るさが生まれたように思います。水子供養の冊子をお送り頂き、それにも書かれてありましたが、運をつかむためには、宿命に属する水子という顧みられない存在を供養することによって、良い原因とし、そして良い結果を迎えるということが、本当に実証されたように思います。
新しい年を迎えて、心からお礼を申し上げると共に、心ばかりの物を別送させて頂きましたので、どうか仏様にお供え下さい。寒さ厳しい折から、呉れ呉れも、御自愛下さいますよう。

7:縁遠かった私に良縁が・・・(船橋布・佐々木和失)

寒さ厳しい季節となりましたが、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと思います。
私は、本年三月に先生の著書を拝読し、水子供養をして頂いた者です。
この5年間、水子供養もせずにきたために、縁談に恵まれず、結婚直前に破談になり、先生の御本に接し、早速、水子供養をお願いしたところ、その当日、自宅に戻ると両親から見合いの話があり、別に仏様をお試ししたわけではありませんが、思い切って見合いをしました。その結果、話はとんとん拍子に進み、この十月にめでたく結婚することができました。こう言ってはなんですが、私がいままで出会いました中で、最良の女性だと思っています。
私がこのような幸せを掴むことができましたのも、ひとえに、先生と水子供養のおかげと、心から感謝致しております。
これからの人生におきましても、常に仏さまが私の行状を見ておられることを心に命じ、生きてゆこうと思っております。御蔭様で、今年は一家の主として年越しをし、新年を迎えられます。
こうしたことに対し、仏様へのお礼を、金銭でするのは大変おこがましいことだと思 いますし、また失礼であることは充分承知しておりますが、ささやかながら、ボーナスもでましたので、水子供養のためにもお使い頂ければと思い、僅かな額では御座居ますが同封させていた出来ました。お役立て下さい。

8:素晴らしい彼とめぐり会うことができました(福岡県・山下麗子)

九月に入って大変涼しくなり、初秋の訪れを感じます。先日は水子の供養、法名をお送り頂き、有難う御座居ました。心からお礼を申し上げます。
御蔭様で、過去のいたらなさにピリオドを打つことができ、これからは心身共に明るく、豊かな気持ちで毎日が送れます。 供養申し込みの後日、私に再婚の縁があり、お見合いを致しました。
お見合い、交際と話は進み、婚約、この秋に式を挙げるところまでこぎ着け、これも開運、招幸の兆と喜ぶと共に、今さらながら水子供養の大切さを痛感しております。有難う御座居ます。
素晴らしい彼とのめぐり会い、第2のこれからの人生を、しっかりと築いて行きたいと思っています。
結婚式をすませた後、ぜひそちらにお参りに行こうと、計画致しております。どうか、私共の新しい出発を見守つて頂きたいと思います。心からお礼を申し上げ、私の気持ちとさせて頂きます。
お参りさせて頂く日を、楽しみにしております。お元気にお過ごし下さいますようお祈りを致します

9:諦めていた子宝に恵まれた(富田林市・石原基子)

拝啓 一日一日春めいてまいりました。
皆々様、益々、御壮健にお過ごしの御様子、テレビで拝見致しました。お喜び申し上げます。さて、早速水子供養のこと、お聞き届け頂き、有難う御座居ました。近々に必ずお参り数しますので、よろしくお願い申し上げます。
不思議なことに、私が供養致しましてから、途端に、結婚しました娘が身籠ったようで、不思議な御利益に驚いております。
今時の娘で御座居ますので、水子供養のことなどは、いくら勧めても取り合ってもくれませんでしたが、なんとか娘に子供が授かってほしいと思い、本人には知らせずに御供養申し込みをした次第です。
お医者様にも、もう子供は無理だと言われ、本人も諦めていたようですが、子供ができたということで驚いていたようです。ですから、水子供養の有難さを、娘に今日話をしてまいりました。
無信心な娘ですけれど、その不思議さに驚くと共に、なんとか元気な子供を生みたいと申しております。
御不動様の御加護が頂け、元気な子供が生まれるように、御祈願と水子の供養をお願い致します。

10:以前、流産しておりましたので、精神的に不安でございました(枚方市・斎藤静子)

美しい新緑の候となりました。
念願の男の子を授かり、唯々うれしくお手紙を差し上げました。昨年の五月、水子の御供養でできた子供です。今日でーヵ月になります。親の私がこんなことを申すのもおかしいことですが、本当に良い子で顔立ちも美しく、色白でとにかく元気な子のょうです。ミルクの時間か眠くなる前に位くくらいで、一人でにこにこキャーキャー騒いで寝ております。夜などもぐっすり眠り、朝もいたって御機嫌です。
やっぱり水子の御供養のおかげと感謝致しております。有難いことです。
もう子供はできないと言われ、諦めておりましたのに身籍り、お産もいたって軽く、本当にうれしいことです。        
以前流産をしておりますで、精神的に何かと不安でしたが、必ずお守り頂けると信じ、出産を数しました。今では、水子供養の大切さをつくづく感じております。
宗教や教育の番組が好きで、よくラジオやテレビを見ております。実家の父は高齢ですが、母共々健在です。
今の私があるのも両親のおかげ、主人のおかげ、皆様のおかげと何もできぬながら、感謝しております。
まずはお礼のみにて失礼数します。

11:もう二度と妊娠することはないと思っておりました(西宮市・丸藤洋子)

前略 先日お礼のお手紙を出したのですが、住所がまた変わったのでお知らせ方々方再びお礼を申し上げます。
毎日の御供養有難う御座居ます。
今、私のお腹の中には、彼の子が宿っております。もう二度と妊娠することはないと思っておりましたが、これも皆、供養して頂いている御陰と、有難く思っています。
まともな子が生まれるかどうか、今の私の気持ちは不安と心配がつきまとっておりますけれども、せっかく神様が最後の幸せを私にくれたものだと思って、なんとか良い子を産みたいという一心です。
どうか私を見守って下さい。

12:お医者様からオメデタですよ、と言われてびっくりしました(大阪市・島林澄子)

拝啓 花の便りを耳にする頃となりました。去年十月には、水子供養をして頂き、有難う御座居ました。
また、その後身籠もったことについて、御祈願を頂き、私も心を強く持ち、丈夫な子を産むのだと気を張ってきました。
それでもやはり、生まれるまでは、あれこれと心配しました。
お恥ずかしいことながら、中絶をしてからまったく妊娠せず、もう子供は授からないものと諦めておりましたが、体の変化に気づき、お医者様に見て頂いたところ、妊娠と言われ大変驚きました。
本当にこれもお供養の御陰で、子供が授かったのだと思っております。
ところで、御蔭様で二月十六日の予定日より三日遅れましたが、男の子が生まれました。少し小さめでしたが、五体満足の子でした。思わず、有難う御座居ます、の言葉と共に、手を合わすことができました。
主人も、待望の男の子で喜んでおります。
私も、玉のような赤ちゃんとか昔の人が言われたそうですが、本当にその通りだと自分の子ながら思わずにはいられません。
退院後、10日程主人の実家でお世話になり、自分の家に帰って来ましたが、その日から赤ちゃんの世話は無論、食事の支度、山のような洗濯、それに家人の世話とやってきました。
少し体にはこたえますが、仏様がお守り頂いていると思うと、おのずと力が湧いできます。頑張りたいと思います。
お守りは、大切に身につけています。               
今年は、主人が厄年に当たりますので、一応こちらで厄除けの祈願をして頂きましたが、近々に、「厄除け三年祈願」もお願いしたいと思っています。その節は、何卒よろしくお願いを中し上げます。
こうして、とても偉いお方に手紙を書くのは大変難しいことですが、この喜びをお伝えできればと思い、読みにくいこともあるかと思いますが、一筆したためました。どうかお許し下さい。
乱箪にて、失礼致します。

13:信じられない・・・九死に一生を得た(京都市 藤井善彦)

前略 本当に有雌う御座居ました。
今、思ってみても手がふるえるようですが、私は一週間前、交通事故に遭いました。
向じ車に乗っていたあと3人の者は、2人が死亡し、一人は重傷で今入院しております。
これだけの大きな事故にも関わらず、私1人は無傷で、本当に不思議でなりません。車は大破し、見る影もありませんが無信心な私にとって、何かのご加護があったものと思わざるを得ません。そこで思い当たったのが、過日お願いした水子供養です。
いろいろな宗教からの誘いもありましたが、まったくそういうことを信じない私はいつも鼻であしらっていましたが、水子供養ばかりは、自分の子ですので、何とかしなければならないとかねてから思っておりました。
その矢先、講演をK支店でお聴きし、その水子供養の大切さを本当に感じ、早速、申し込みをさせて頂いたわけです。そのことが、私の命を救ったとしか思えません。良いことをすれば、必ず良いことがあるというお言葉が、現実となって目の前に現われました。
あまりのショックにうまくまだ手紙は書けませんが、何はともあれお礼をと思い、一筆したためました。
本当に有難う御座居ました。

14:不思議な霊障が消えた・・・(石川県・加藤清子)

前略 私はーヵ月ほど前、水子供養をお願い致しました者です。
昨夜不思議な出来事がありましたので、お礼かたがた、お聞き頂きたく筆を取りました。
私は胃が弱く、昨日もその上風邪をひき、頭痛と腰痛とで早く床につきました。どの位経ったのかわかりません。
夢を見ていました。胃が弱くて食べたい物を我慢するので、食べ物の夢を見ておりま した。垂れの一杯ついたお団子を、食べたそうに見ている夢でした。そこに突然、「きよ子よ、供養してくれて有難う」という声が聞こえたのです。
澄んで美しい響きのある声でした。 びっくりして目が覚めました。
ガラスの向う側が少し薄明るく、影が二つありました。一つは見慣れたゴムの木の影、もう一つはそれより背が高い影でした。「わっ、出た」という感じで怖くなって目を閉じてしまいました。
再び供養してくれて有難うと言う声が聞こえ、目を開けましたが影は消えてゆき、いつもの暗闇になりました。夢か現実かしばらく考えました。
心臓の鼓動は強く打っているし、第一私は垂れの一杯ついたお団子の夢を見ていたはずです。こんな夢の途中で、供養してくれて云々などという夢を見るはずがありません。合掌して眠りました。
信じていただけないかもしれませんが、この不思議な出来事は現実だったとしか言いようがありません。本当に澄んだ美しく響く声を聞きました。文章では上手く書き表すことができません。残念です。
声の主がどなたなのか私には分かりません。不思議な体験でした。自分の心のー区切りと思い、供養をお願い致しました。このような私が、このような不思議な出来事に出合うなんて、まったく思いもよらぬことでした。あの子達も私も、これで救われたと思います。お念仏、誠に仏に届きました。有難う御座居ました。
機会がありましたら、私もそちらで手を合わそうと思っておりますが、今はお許し下さい。それまでよろしくお願いを致します。今後は自分も幸せになれるよう、努力するつもりであります。

15:供養後、灰が渦巻きのようになります(静岡市・立原米造)

爽やかな初秋の候、益々、御盛栄の御事と拝察中し上げます。
此の度は皇室所縁の由緒ある御寺に御縁を得まして、水子の御供養を申し込みましたところ、早速、御供養を賜り、誠に有難う御座居ました。
丁度その頃より不思議なことに、当家仏壇に毎日礼拝の時立てますお線香の灰が、巻き上がるようになりました。灰が渦巻きのようになります。
私共にはこれが、何を意味するものか分かりませんが、良き感応があったものと拝し、唯々、有難く、不思議な霊験のほどに、大変感激致しております。
これで私共の水子たちも、御仏の御許で、きっと幸せになれるものと確信致し、親として初めて心からの安らぎを得ましたことを、喜んで厚く厚く御礼申し上げます。本当に有難う御座居ました。機会が御座居ましたら、是非参拝させて頂きたく存じております。先ずは取り急ぎ、右御礼申し上げました。今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。

16:幾十年となく、夜毎、一糸まとわぬ子供の夢を見つづけてきました(名古屋市・手塚明子)

拝啓、此の度水子供養につきましては、重ね重ねお手数を頂き、誠に有難う御座居ました。
私の頭から離れることのないこの水子達に、各霊法名を頂きましたこと、本当に有難くうれしく思う次第です。
幾十年となく夜毎見る夢に、いつでも私の右腕の中に裸で薄いピンク色をした女の子がおりました。何一言も申しませんでしたが、それがここ二年ほど前から、大きくなった男の子がいつも私の傍にいました。
やはり、一糸纒わぬ子でした。どちらも可愛い子でした。やはり一言も、もの申しませんでした。
その度に、水子だ水子だと心痛めておりました。それが此の二夜三夜何の夢も見ません。頭の中が空っぽになったようです。あの子達が御仏に導かれたことと信じます。
本当に有難いことで御座居ます。
永代供養を頂いたこの子らの冥福を祈ります。尚、同封の五千円は誠に僅かですが、水子供養のお経料としてお送り致しますので、宜しくお願いを致します。

17:真黒い物体が体の上にのしかかり、息ができない位締めつけられる(東京都・麻生伊都子)

水子供養、どうも有難う御座居ました。
長い長い年月、胸のしこりとなり、誰にも語ることもできず、とても苦しんでまいりました。
十五日には御供養頂き、今日ではとても清々しくてすっきりとした気持ちで一杯です。
幾度となく、真黒い物体が体の上にのしかかり、息ができないぐらい締めつけられた
ことも度々、また、この十五日にはお地蔵様の腰のあたりに、薄暗い煙のようなものが流れている夢を見ました。何か変わったことがあるのではないかと不安でなりませんでした。
五、六年前より坐骨神経痛を患い、仕事も辞めなくてはならない状態、現在は腕の関節炎、リユ―マチで再び職に就けなくなり、まったく嫌なことばかりの連続でしたが、不思議とこの二、三日前から、あんなに腰が痛んでおりましたのに、とても楽な気持ちで仕事に精を出しております。
これも偏に御供養の御蔭と、有難くお受けしています。
愚痴の数々、きりがありませんが、本当に安らかに眠れる毎日で御座居ます。本当に有難う御座居ました。

18:夢の中に子供がでてきて、小生の方を見てニコニコ笑っておりました(宮城県・和田 剛)

拝啓 先日は、水子供養へのお供えに対する受領書をわざわざ御郵送下さり、誠に有難う御座居ました。
受領書が届いた夜、それを枕元に鮫いて寝ましたところ、夢の中に子供がでてきて、小生の方を見てニコニコ笑っておりました。
翌日、目が覚めてから、自分の水子に戒名をつけて頂き、お寺で永代供養をして頂くことができて、本当によかったと改めて感じました。
小生の水子へのせめてもの償いと思い、八月上旬、子供を十人ばかり連れてボランティア活動に参加し、一生懸命、面倒をみてやりました。
不幸な子供ばかりでしたが、こんな自分を自分の親だと思って慕ってくれ、帰ってからも手紙を送ってくれたりして、本当にほのぼのとしたものを感じました。
親類の子供(小生の子が中絶されずにいたら同じ齢)が、時々、家へおんぶされて来ますが、その子供を見る度に、うれしいような、寂しいような気持ちになります。
彼女が中絶することに対し、泣いて反対しましたが、結局は結婚を許してもらう条件として、承諾書に捺印してしまい、今はあの時、何が何でも産ませるんだったと後悔しております。
特別参拝証を、毎晩、枕元に置いてやすんでおります。また、朝晩手を合わせております。
一日も早く、お位牌ができ上り、安置されることを、待ち望んでいる最近で御座居ます。どうか今後とも、よろしくお願いを致します。

円宗院(えんしゅういん)お気軽にお問合せください TEL 0463-33-9004 受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 水子供養の円宗院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.