人生・仏事の相談室

位牌(戒名)供養

位牌(いはい)とは

お位牌とは故人の魂の依代(よりしろ)とされ、「戒名」「没年月日」「行年(年齢)」などが記されているものであります。亡くなった方の象徴として、ご自宅において仏壇に安置され、その故人を敬い、毎日手をあわせて供養する大切なものです。

お位牌を建立し、その故人、ご先祖様に感謝し毎日を送ることがご先祖様の供養にもなり、また自分が生かされることにもなります。この様にお位牌はとても大切なものであります。

位牌の数え方の単位には「柱」を用います。

 

位牌と戒名

一般的にお位牌には故人様の戒名が記されます。戒名とはお釈迦さまの弟子(仏弟子)として授戒を受け授かる仏の名前です。
故人様は戒名を授かったことにより、阿弥陀さまの元へと導かれます。
この様に戒名とお位牌は1セットであって、位牌を建立する時には戒名を授かっていなかればなりません。

 

位牌を建立する時期

葬儀の時には白木の野位牌で供養され、49日を目処に黒塗りや唐木の本位牌に変更します。49日は「忌明け」といい、故人様が仏様になると考えられており、その49日を期に本位牌を建立するのが一般的です。

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © お寺ネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.