「お元気でしたか?」
「はい、おかげさまで、元気にやっております」

このように日常会話の中の挨拶としてもよく聞く言葉です。

これまで本当に多くの方の恩恵により育てていただき、ありがたいものです。
関わりのあった先生や先輩、上司や部下、同僚、家族、親戚、友人・・・。
きりがありません。
自分の衣食住すべてに関わる多くの方たちの中で生活ができる。
ですから他人といえども、どこかで必ず繋がっている。膨大な恩恵ですね。

このパソコンはどれだけの方が関わって造られ、今自分が使うことができるのでしょう。
視野を広げれば この地球上の「空」「風」「火」「水」「地」すべて自分に関わること。

目に見えぬ「お蔭」様によって自分がここに生き、生かされていることに感謝をする。
そう感じたとき「関係ない」だとか「自分さえ」という勝手な思いも生まれないはずですね。
今日も「お陰様」によって、こうして生きてます。

生かされてることに感謝いたしましょう。

次回は「元気」についてお話を続けたいと思います。ありがとうございました。