早いもので1月も下旬になりましたが、新年を迎え「無病息災」を祈願されたことでしょう。
「無病」は読んで字の如しですね。
「息災」と申しますのは、
息は、「止む(やむ)」という意味があります。
「災いを止む(やむ)」という意味合いで、仏様のご加護により、災難を止めて頂く願いです。

「無病息災」

「病気をせず元気で暮らせます様に」という祈念、祈願です。

仏様に合掌し願い、また自分に願い、新年に祈願をしたその思いを忘れぬよう、
いつのときでも心構えを保ちたいものです。

二月は「節分」 三月は「彼岸」 日本ではこれからも大切な節目が続きます。
その節目に今を再確認しつつ、しっかりした節目を育て、
それこそ竹のごとく節があるからこそ強く柔軟な人生になりますよう願うものです。

ありがとうございました。