最近ですと、均一ショップ等に行けばなんでも安く生活用品を揃えることができます。
そのありとあらゆる品揃えにはビックリさせられます。
豊かな時代ですね。しかし、それで「豊か」と言えるのでしょうか。
「使い捨て」という言葉に繋がりかねない「豊かさ」なにか腑に落ちない感もあります。

物だけでなく、人間さえも使い捨ての怖い時代でもあります。
物の大切さや、敬う気持ちすら薄れていくような気がして残念な気もします。
幼少の頃より「物は大事にしなさい」と教えられ育ったはずなのに、
「壊れたら買えばいい」「食器も百円均一で十分」そして扱いを粗末にしてしまう。
もちろん値段に関わらず大切に扱うことは言うまでもありませんが、
物が豊かにあることが心の豊かさになるとは言い難いものです。

便利な世の中にあって、たとえ均一商品であっても大事にする心を忘れてはなりません。

ありがとうございました。