「ゴチになります」というTV番組がありますね。料理の値段を推測するという番組です。
もちろん「ごちそうになります」のことですが、あまりにも言葉を略す現代。この先不安にもなります。
負けた方がバツとして支払いをする。それに対して「ゴチになります」
それはそれとして、周りは略し言葉だらけ。
もともとの言葉の意味さえどうでもいいみたいな感もします。

さて、本来の「馳走」についてお話を続けます。
禅寺では台所を守る「韋駄天様」が有名ですね。
韋駄天走りという足の速い仏様です。
お客様があれば、その足の速さで国中を駆け回り山海の珍味を取り揃え、もてなす心。
そのことに感謝の心で「ご馳走さまでした」これが馳走であります。
ですから本来、「馳走」とは料理ではなく、料理人への感謝と、客に対する料理人の「心」「精神」ということです。
次の世代に間違った、勘違いした「ごち」を伝えないためにも覚えておきたいものです。

ありがとうございました。