「知り合いなら沢山いるんですけれど、友達を作るのは難しい」と相談されました。
そのとき、「友達の定義ってなんだろう」と考えてみました。

「価値観が共通していること」「同じ景色をみて同じように共感してその時が楽しいこと」
「心を開いて悩みを打ち明けて話せる人」「親身になって聞いてくれる人」
「たとえ口論になってもお互いを思いやって考え、より信頼できる関係が芽生える」

理想のようですが、このような友達こそ人生の財産だと思うのです。
それが冒頭の「作るのは難しい」という悩みなのでしょう。
なかなか見つかるものでもありません。
頼んで友達になってもらうわけにもいかず、「きっかけ」が大事なのですが、
やはり、その前に大事なのは、

「自らが生き生きとした生活をし、それに共感してくれる方がいるはず。
あなたの明るい笑顔が人を友達を集めるんですよ。」

そう答えたのですが、どう思われますでしょうか。

今回は逆に質問してみました。どうぞお考え頂きたいと思います。

次回は「恩」についてお話を続けさせていただきます。ありがとうございました。